IoTメッセージングブローカー

IoTデータストリームオーケストレーションを介してビジネスアプリケーションを拡張し、異種テクノロジーとレガシーテクノロジーとの間でメッセージングを変換、ルーティング、管理する

IoTメッセージングブローカーは、IoTデータストリームの統合を可能にするために不可欠です。 マシンをシステムに、システムを人に接続するには、データ管理に対する体系的で意図的なアプローチが必要です。 マシンとデバイスがより多くのデータを生成するにつれて、組織がIoTプラットフォームへの投資から価値を得て競争力を維持するためには、この情報を保護および統合することが不可欠です。

OpenText IoT向けユニファイドメッセージングの概要

MQTTからFTPへの多対多の通信プロトコルのサポートにより、 OpenText™ユニファイドメッセージングfor IoTにより、企業は構造化データと非構造化データを迅速、安全、柔軟に統合できます。 これにより、ドキュメントタイプ、データ形式、プロトコルの変更に伴うコストと複雑さを排除し、マシン間のシナリオとアプリケーション間のアプリケーションシナリオの統合を作成してシンジケートする必要がなくなります。 IoT向けユニファイドメッセージングにより、企業は複合アプリケーションを作成したり、複雑なエコシステム全体で異なるプロビジョニング、認証、承認プロセスを管理したりする必要がなくなります。

ユニファイドメッセージングIoTは、さまざまなプロトコルで複数のデータストリームを受信し、データを永続化し、ビジネスロジックを適用して、適切な受信者またはアプリケーションに自動的にルーティングするイベントデータハブと処理エンジンを備えています。 IoTの展開が拡大するか、IoTソースのデータへのアクセスを必要とする新しいサービスが提供されると、組織はユニファイドメッセージングを利用して、新しいエンティティがサブスクライブできるパブリックキューにデータを公開できます。

OpenText IoT向けユニファイドメッセージング機能

アイデンティティ中心のアプローチ

企業がレガシーおよび最新のメッセージングテクノロジーを統合し、IoTデータを収集および追跡できるようにします。これにより、断片的なIoTシステムに一般的に関連する運用統合の悪夢を回避できます。

ルーティングとオーケストレーション

堅牢なエンタープライズサービスバスを使用して、メッセージの転送、ルーティング、優先順位付け、オーケストレーションを行います。

Any-to-any変換

ドキュメントの種類、データ形式、プロトコル間でメッセージペイロードを変換します。

エンタープライズアダプター

サードパーティのデータストアやエンタープライズシステムとの間でデータを取り込み、公開します。

バッチメッセージング

バッチは、複数のメッセージ(zip、フラットファイル、XML)を単一のスケジュールされた配信に処理します。設定可能な配信間隔とジョブ実行のレポート機能があります。 簡単な構成でカスタムバッチモジュールを作成することもできます。

シンジケーション

アプリケーションおよびソース間で情報を同期および統合します。

OpenText IoTのユニファイドメッセージングの利点

レガシーテクノロジーの実装と統合を合理化

ワークフローとストリーム分析を使用して、レガシー産業用デバイス、システム、プロセス全体にイベントとコマンドを送信するためのインターネット規模のストリーム処理エンジンを導入します。

レガシーと最新のメッセージング技術の統合を橋渡しする

MQTT、JMS、STOMPなどのプロトコル間のブローカーであり、レガシー/独自のデバイス通信をサポートします。 UDP、TCP、HTTP、FTPなどのIPスタックベースのプロトコルの上にカスタムアプリケーションプロトコルの作成を実行します。

データまたはブロードキャストストームを特定して軽減する

専用キューを使用して顧客とアプリケーション固有のトラフィックを管理し、顧客のトラフィックを分離し、顧客固有の負荷を効果的に管理し、ある顧客が他の顧客に影響を与える不安定なボリュームを防ぎます。

監査性とコンプライアンスを向上させる

オペレーションコンソールを使用して、メッセージ、メタデータ、ルーティングおよび制御情報(変換前と後)、コマンド確認、すべての処理ステップの詳細なタイムスタンプ、失敗したメッセージの根本原因とトレースを表示します。

お問い合わせ

ブログ

資料をダウンロードする

関連ソリューション