Active Community

Supply Chain Optimization

OpenText Active Community

コンプライアンスを確保し、サプライヤー情報の一元化されたソースを使用してオンボーディングを加速

電子ブックを読む

78%
効果的な供給管理に向けたサプライヤーとの連絡精度の向上率

概要

OpenText™ Active Community は、一元化されたクラウドベースのリアルタイムのサプライヤー情報ソースであり、組織が規制コンプライアンスを満たし、オンボーディングプロセスを加速させるのに役立ちます。 Active Community は、セルフサービス機能を取引先コミュニティ全体に拡張することで、 サプライヤー情報が正確で常に最新であることを保証します。

OpenText Active Community が選ばれる理由

  • 一元化されたコミュニティ管理

    すべてのサプライヤーデータを最新に保ち、単一の場所に保持して、取引コミュニティ全体を簡単に管理します。

  • 安全なセルフサービスアクセス

    内部の利害関係者と外部のビジネスパートナーの両方に対し制御されたアクセスを拡張し、サプライチェーンのコラボレーションの効率を向上させます。

OpenText Active Community がビジネスにもたらすメリット

Active Community を使用するメリットをご確認ください

概要を読む
  • サプライチェーンの混乱の軽減

    連絡先、 B2B 機能、パフォーマンス、コンプライアンスといったサプライヤー情報の一元化されたリアルタイムのソースを使用して、ビジネスおよび運用上のリスクを軽減します。

  • 透明性の向上

    パフォーマンスを可視化し、コンプライアンス、透明性、持続可能性のイニシアチブに関するコラボレーションを促進するために、すべての主要な関係者やパートナーへのアクセスを拡張します。

  • 手動プロセスとサプライヤー管理コストの削減

    パートナーとのコミュニケーションを自動化し、パートナーが自分のプロファイル情報、アラート、更新を管理できるようにすることで、時間とお金を節約します。

  • 古く欠落した情報の排除

    パートナー情報管理を合理化して、正確性を確保し、プロセスエラーを減らします。

特徴

  • 一元化された情報リポジトリ

    組織とパートナーのエコシステム全体で共有ビューを使用して、コミュニティ属性への単一で安全なアクセスを提供します。

  • サプライヤーの KPI レポート

    迅速な情報収集とサプライヤー追跡のためのコミュニティ調査を可能にします。

  • 規制の順守

    ビジネスパートナーが、贈収賄防止(FCPA)、紛争鉱物(ドッド・フランク法)、および消費者製品安全性改善法(CPSIA)の規制に確実に準拠できるように、ポーリング、ドキュメント収集、およびデジタル署名をサポートします。

  • 企業の社会的責任の追跡

    温室効果ガス排出量、企業の社会的責任、パンデミックへの備えなどのポリシーに対するサプライヤーコミュニティのコンプライアンスに関する洞察を提供します。

  • 新規ベンダーの登録

    新しいベンダーに必要な保険証書、銀行口座番号、納税者 ID などのドキュメントの収集を自動化し、登録プロセスを案内します。

OpenText とパートナーのサービスをご活用ください

デプロイ

OpenText は、 Active Community にデプロイの選択肢と柔軟性をもたらします。

プロフェッショナルサービス

OpenText Consulting Services は、エンドツーエンドのソリューション実装と包括的なテクノロジーサービスを組み合わせて、システムの改善を支援します。

パートナー

OpenText は、顧客が適切なソリューション、適切なサポート、適切な結果を得ることができるように支援します。

トレーニング

OpenText Learning Services は、知識とスキルの上昇を加速させる包括的なイネーブルメントおよび学習プログラムを提供します。

コミュニティ

OpenText コミュニティを探索してみてください。個人や企業とつながって、洞察やサポートを得ることができます。ディスカッションにも参加しましょう。

リーダーたちに信頼される OpenText

Active Community を採用したお客様の成功事例をご覧ください

その他の成功事例を見る
オーエンス&マイナーロゴ

Owens & Minor は、オンラインのサプライヤーコミュニティ構築のために OpenText を活用

さらに詳しく

Active Community のリソース